chnops22の徒然五行歌

CHNOPSに過ぎない私になぜ意識が生じたのか

ちのっぷすの五行歌~12年ぶりのブログ再開

ちのっぷすとは

いきなり長いタイトルをつけてしまいました。

想いが溢れて、感極まって(?)

《ちのっぷす》とはCHNOPS(生命を構成する主な元素)のこと。     

     f:id:asadakeiko576:20170906160320p:plain

            あなたも わたしも 

          素を質せば

          CHNOPS

         なのになにゆえ

          思う 煩う

という素朴な疑問からつけたニックネームです。

ここで「素を質す」?「本を正す(糺す)」が正しい日本語だろ~と突っ込みが入るの

は覚悟の上であえて「素を質す」にしたのは「元素は何かと質問すれば」くらいの意味

で使いたかったから。五行歌ですもの、それくらいの自由はあってもよいのでは、と。

 

ところで、12年前、日本人の平均年齢が43歳だったころ、わたしもちょうど43歳で、

「これでやっと大人の仲間入り~」みたいなノリでブログを始めたのだけれど、

3日坊主に終わっていました。

で、今や55歳!!美空ひばりの享年より上だなんて信じられない!)

さすがに「程よく 焦れよ 50代 明日の方が すこーし短い」というわけで、適度

に焦ってアクセル踏み込んだわけです。(今や日本人女性の半分は50代以上だとか)

五行歌を始めた20数年前にも

「いつかいつかと いつまで 念仏唱えてる 今しか ないのに」と詠んだのに

(林先生の「いつやるの?今でしょ!」よりずっと早くに唱えてたのに!)

その後も てれんぱれん、 のほほ~んと 生きてきてしまったので。

とにかく今回は「三日坊主」にならぬよう、地道に続けていくつもりです。

まずは、10月8日の《文学フリマ》に向けて、五行歌作品をアップできたらなと

考えています。(文中の青文字すべて五行歌

このところ、流動性知能の低下は著しいですが、結晶性知能は死ぬまで発達することを

信じて、五行歌とともに人間として成長できたらなと願っています。