chnops22の徒然五行歌

CHNOPSに過ぎない私になぜ意識が生じたのか

今日の五行歌⑪

文学フリマ初参加

    f:id:asadakeiko576:20171008222610j:plain 

    f:id:asadakeiko576:20171008223432j:plain

         フリー画像と

      コラボして

      文学フリマ

      初参加

      邪道かな?

作品を見ていただけるだけでもありがたいのですが、《フリマ》である以上販売の形を取らねばならず、はがき1枚100円、フレーム付は200円で販売しました。

買ってくださったのは、ほとんどが《南の風》の会員の方(まぁ義理買い、サクラに近いですよね)だったのですが、ひとり若い男性が上の写真の 

 夢は 100% 叶う 100% 本気の 夢であるならば」

に目を留め、購入してくださいました。素直に嬉しかったです。自信作でもありました。文学フリマに集う若い人たちにはそのまま応援歌になると思っていましたし。

ここには自分の作品しかアップしていませんが、元プロのカメラマンであるUさんのハガキも若い女性が、じっくり選んで2枚買っていかれました。

今回は《南の風》として初参加で、五行歌を知っていただくということが第一義でしたので、販売にまで気を回してはいませんでしたが、両隣のブースが結構売れていたのを見て、戦略も必要だなと早くも来年に向けての構想が湧いてきました。

まずは反省点。フレーム付は目立つけれども場所を取るし、そもそも文学フリマ、来場者(出店者も)はインテリアを買いに来ているわけではないので、中身だけで勝負すべきでした。Uさんのようにワイヤーネットにディスプレイした方が全作品を一度に見渡せて断然良かったと思います。このアイディアは来年も踏襲するでしょう。

それからやはり歌集の形にしたいですね。今年はちょっと間に合いませんでしたが。