ちのっぷすの徒然五行歌

CHNOPSの塊に過ぎない私になぜ意識が生じたのか

今日の五行歌318~長崎

長崎あれやこれや②

お待たせしました。

WORLDご堪能下さい。(快く掲載許可頂きました。ありがとうございます!)

f:id:asadakeiko576:20210801094605j:plain

大作(上野の森美術館大賞展入選)を前にポーズをとってくださった

新進気鋭の画家・明松智氏

以下は受賞作を使った案内葉書です。

パッと見、同じ作品とは思えない程、色合いが違って見えますね。

実物は、上の写真の方がより近いですが、さらにクッキリ鮮やか、黄色が印象的でした。

f:id:asadakeiko576:20210801094959j:plain

100号の大作、制作に2ヶ月ほど要したとのこと。

画の中には人の顔も多く描かれているのですが、見つけることができますか?

これはもうぜひ、ギャラリーで実物をご覧いただきたい!

ですが・・・ すみません、会期が過ぎてしまいましたね。

また最初の写真に戻ります。

氏の右横、無造作に積んであるピラミッド、これも全部絵画です。

白地にの寒色系をつかった作品群。

テーマは長崎大浦天主堂グラバー邸眼鏡橋が各3枚ずつ。

眼鏡橋は、以前お名刺で頂いたものと同じだと思います。色合いが本当に素敵です。

さらにコンクリート打ちっぱなしのような壁にチョコンと掛かっている作品群をご覧ください。(実はこのうち1品を購入)

銅板のような質感と色合い、不思議な作品だな、とまず思いました。

購入したもののアップが以下です。

f:id:asadakeiko576:20210801102351j:plain

「かぶとむし?」「かなぶんです」

かなぶんときいて「こがねむしのことだっけ?」と思った瞬間「♬こがねむしは金持ちだ~」が頭に流れていました。

この絵を毎日間近で観ていたら、お金持ちになれるかも?なぁんてそんな邪念があって購入したわけではありませんよ、うん、絶対に!(強調するあたりアヤシイ?)

ところで、かなぶんこがねむしって同じ虫?それとも同じ仲間なだけ?どこがどう違う?

疑問はすぐに解消したいタイプ。

調べましたとも、たった今。

ざっくりいえば、食べるものと体の形が違うのだそうです。

また、コガネムシはコガネムシ科昆虫の総称で、コガネムシ科の草食系をコガネムシといい、

一方、カナブンはコガネムシ科全般で、特に金属光沢が強いものを通称カナブンと呼ぶのだとか。

なんだか、わかったようなわからんような・・・(違う虫であることはわかりました)

コガネムシは草花を荒らす害虫カナブンは土壌を改善してくれる益虫ともありました。

ところで、カナブンの方はWikipediaに詳細な分類がありました。なかなか目にする機会もないので、貼ってみます。

動物界 節足動物門 昆虫綱

コウチュウ目 カブトムシ亜科 コガネムシ下目 コガネムシ上科 ハナムグリ亜科 カナブン族 カナブン亜科 カナブン属 カナブン 

逸れに逸れましたね。

ギャラリーに戻ります。

f:id:asadakeiko576:20210801234239j:plain

なんとも不思議な空間
f:id:asadakeiko576:20210801222706j:plain
f:id:asadakeiko576:20210801223000j:plain
左:カナブン     右:セミ
f:id:asadakeiko576:20210801235602j:plain
f:id:asadakeiko576:20210801235644j:plain
左:物凄く惹きつけられた作品 右:コピー用紙の包装紙にさらっと描かれた画

右の画はちゃっかり頂いてきてしまいました。額に入れて飾っています。

左の画に惹かれたのには・・・たぶん、理由があるのだと思います。

言葉にするのは難しいけれど・・・

強いて言えば二面性・・・鬱憤焦燥のようなものも感じられます。

自己の内面を覗き込んでしまったような・・・

ところで、訪問の翌日には「購入お礼」のお葉書を頂きました。

新地中華街を描いた素敵な絵葉書です。

 

f:id:asadakeiko576:20210802002103j:plain
f:id:asadakeiko576:20210802002123j:plain
左:額に入れてみました。裏にうすくA3の文字が透けて見えます。右:頂いた絵葉書

ギャラリーでは8月2日~12日まで《タイピント平和展》が開催されるそうです。

この期間連休がないのですが、できれば7日に再訪したいなと思っています。

長崎

生まれ育った

坂の町

帰る度

新しい発見がある



 

 

今日の五行歌317~直感と

長崎あれやこれや①

今回の帰省は、父母の様子を見るためだけではなく、大きな目的が二つありました。

ひとつはタイピント印刷さんから案内を頂いていた明松智WORLDを観に行くこと。

(こちらについては後日アップしますね。本当に素晴らしかったので、ちゃちゃっとアップするのは勿体ないので・・・乞うご期待!!)

それから野母崎岳路海岸貝殻拾いに行くこと。

なんでまた突然岳路なのか、自分でも不思議でしたが、この夏どうしても行ってみたかったのです。

そして行くとするなら今日をおいてほかにはないと、暑い中、決行。

野母崎方面へ向かって車を走らせていると、見覚えのある、懐かしい、本当に懐かしい風景が目の前に広がりました。

f:id:asadakeiko576:20210728230442j:plain

道路沿いから撮った写真:右下のちっちゃなちっちゃな島、懐かしい!

左にボンヤリ写っている島影が軍艦島(端島)

ああ、ここだ、ここだ、ここだった。このアングル、ほんとに懐かしい!

40年ぶりくらいかなぁ。

当時は全然気にも留めていなかったのですが、軍艦島がこんなに近くに見えたことにも驚きました。

世界遺産になった島を、思いがけず目にすることができたのですから、ラッキーですよね。

車を道路わきに止め、あとは歩くことに。

の方へ向かっていそうな細い道があったので、てくてくてくてく下りましたが、どうやら行き止まり。

行きはよいよい帰りはなんとやら・・・ヘタをすると崖下に落ちそうでした。

(崖はちょっとオーバーです。でも足を滑らせたら、きっと這い上がれない!)

ドジな私は日傘も帽子も、さらには、実家を出る直前までは手にしていたのに、なぜか忘れてきてしまったタオル地のロングスカーフさえも身に着けず、汗はダラダラ、頭はクラクラ・・・

当時はひとりでバスに乗って通っていたので、岳路のバス停からそれ程遠くはないはず。

なのに、なんで辿り着けないの~~?

と、もうひとつ別の細道を発見!

きっとこっちに違いない。

再度てくてく・・・そのうち、「ここ、通ったことある!」と確信がもてる民家沿いの小道に出ました。

当時、よそのお宅の庭を通り抜けるような感じがして、ちょっと遠慮がちに、足早に通り過ぎていたこともハッキリと思い出しました。

うわぁ、ほんとにここだ、ここだ、懐かしい!!(うるうる・・・)

でも違っていたことがひとぉつ。

海岸のすぐ傍に駐車場ができていたのです。

ということは車でここまで来れたんですよね?!

暑い中歩き通したワタシって一体・・・?もうヤダ!!

でも、やっとここまで来たんだ、暑いなんていってられない、貝殻、貝殻・・・

昔、ここは、貝殻の宝庫だったのです。(特に台風のあとは)

色々な種類の宝貝がごろごろ落ちていました。

ですが・・・

今回は「見つけた!」と思って拾おうとしたら・・・残念!な状態。

f:id:asadakeiko576:20210728233705j:plain
f:id:asadakeiko576:20210728233721j:plain
3×5センチ程のホシキヌタ。惜しかった!

これよりほかにタカラガイを見つけることはできませんでした。

カタツムリのような形をしたツメタガイを2つ拾ったほか、大した収穫はなし。

やっぱり台風一過でないとダメなのかしらん?

それとも暑くて真剣に探せなかった?

普通はひとつ見つけると、目が利くようになり、次から次へとどんどん見つかるものなのですが、今回はサッパリでした。

せっかくですから、波の音、お聴きください。(潮騒より蝉時雨ですけどね~)


www.youtube.com

 写真も、もう少しどうぞ♡

f:id:asadakeiko576:20210729001009j:plain
f:id:asadakeiko576:20210729001110j:plain
f:id:asadakeiko576:20210729001249j:plain
f:id:asadakeiko576:20210729001318j:plain

 さて、明松智WORLDについては次回のお楽しみ♡

今回の最後は、一目惚れしたお土産パッケージの画像で締めくくります。

f:id:asadakeiko576:20210729001950j:plain

長崎銘菓「一口香(いっこっこう)」(榎純正堂):箱の色は三色。

絵柄は長崎くんち(龍踊)、ランタンフェスティバル、大浦天主堂、

平和祈念像、平和の象徴・ハト、ハタ(凧)揚げしている尾曲り猫 軍艦島

取っ手の部分が、中島川石橋群のひとつ眼鏡橋になっているところも心憎いですよね~。

さらには上部がまた凝っているのです。わかりますか?

f:id:asadakeiko576:20210729003306j:plain
f:id:asadakeiko576:20210729003317j:plain
左:グラバー邸の石畳、♡があるのです。右:スペース勿体ないのでアップ

 一口香自体は、ごめんなさい、私はあまり好きではないのですが(弟は好物だったようです)箱があまりに可愛らしくて、お土産にピッタリだと思ったので、即買っちゃいました。

衝動買い・・・といえばそうですが、それもたまには悪くない。

直感と

直観に

身を委ね

漂うように

生きている

 

今日の五行歌316~相変わらずの

Wi-Fiルータ交換

f:id:asadakeiko576:20210720225010j:plain

記事とは無関係ですが、久し振りに糸島の海

ネットの接続不安定が続き、ルータを再起動したりしながら、だましだまし使っていたけれど、ついに交換することに。

2013年とあるので、もう8年も使っていたことになります。

寿命と言えば寿命でしょう。

NTTからのレンタルですから、お金がかかるわけではないのでさっさと交換すればよかったものの、半年以上も前からそのうち、そのうちと1日延ばしに。

で!

今日思い切って9時ちょうどにNTT西日本のフリーダイヤルへ。

音声案内に従い、プッシュボタンを押し、相談内容を録音電話に残し、折り返しの電話を待ちました。

その少し前、まずはメールで問い合わせ、接続状況なんちゃらという診断にすすんだのですが、50%・・・から一向に進まず、そのうち画面には「電話で相談してください」の文字が・・・。

そりゃあね、接続状態が不安定なのですから、そうなるのは目に見えていた・・・のですよね。

で、上記のように電話にて、ということになりました。

電話には「ルータを交換すれば解決すると思います」と入れておきました。

折り返しの電話は「今日、新しいものは手配できますが、ご在宅でしょうか?」といきなり核心。

面倒な説明をすることなく、案外あっさりコトが進んで、拍子抜けする位。

でも、甘かったんだなぁ、これが。

そのあとがちょっと厄介でした。

用事があって出かけていたこともあり、再配達で届いたのは夕方5時頃。

後継機種と聞いていましたが、届いた機器は見かけは以前のものと殆ど同じでした。

ですので、線を外したり、差し込んだりする場所もほぼ同じ。迷うことなくできました。(まぁ、ここでやっぱり私らしいというか、きちんと嵌っていなかったり、はありましたけれどね)

PCもスマホもすぐに新しい機器を認識。

暗号化キーを入力し、無事設定終了、とはまだいかず、ネットの接続設定をしないといけません。

Webブラウザを起動し、アドレス欄に「http://ntt.setup/」もしくは本商品のIPアドレスを入力する

とありましたので、グーグルを開いてIPアドレスを入力。

(ネットに繋がっていない状態なのに、NTTのウェブサイトにはアクセスできるのですね。)

ここでは、プロバイダの情報が要ります。

パスワードは記載してあるものでよいとして、接続先IDってユーザーIDのこと?

でも「接続先IDは〇〇@〇〇ne.jpのようなものになります」と但し書きあり。

???と迷っているよりプロバイダに電話した方がはやいかも。

時計を見ると6時半少し前。フリーダイヤルは午後7時まで、あと30分!

ダメ元で電話。例によって音声案内で「ただいま混みあっています」が流れ、やっぱり今日はもうダメか、とあきらめかけていたところ、すぐに「お待たせいたしました」と男の人の肉声。

全然待ってないよん。と小躍りしたいくらいでした。ラッキー。

接続先IDはユーザーIDのあとに@~をつければよいと聞いたので、それさえわかればあとは自分で進められると電話を切ろうとしたところ「接続完了するまでご案内します」と言って下さるではありませんか。

せっかくだから甘えることにしました。

NTTの画面を出し、IDとパスワードを入力し、「完了」がでたにもかかわらず、繋がらない!

電話の向こうのお兄さんも「う~ん?」

ほどなく「あ、もしかして固定電話からかけてますか?光電話通話中は接続設定できません!」

そうでした、そうでした。スマホからかければよかったのですが、最近固定電話を使う機会がないので、久し振りに使っていたのでした。

いったん電話を切りスマホにかけなおしてもらい、通話を続けながら接続作業再開。

それでも「完了」が出るのに繋がらない・・・なんで~~??

お兄さんも焦ったでしょう。19時までに終わるのか、と。

「念のため、もう一度IDとパスワード再入力していただけますか?」

「はい」と答えたもののIDは長いので打ち直したくなく、パスワードだけ入力し直してみたところ、

なぁんと無事「接続中」に。

単純な入力ミス???

なんにせよ、よかった、よかった、ともかくも一件落着。

そして二件目。

プリンタとも繋がなきゃ、ですよね。

プリンタ側から設定、機器を自動で認識してくれたまではよかったものの、当然のことながらパスワード入力を促す画面が。

「はて?この小さい窓のどこにどうやって文字打ち込むの??」

「OK」を押したら文字入力画面に変わるはず、なのにエラー表示。

プリンタをいったんオフにし、しばらくしてオン。

同じ画面でOKを押したところ、今度は思惑通りにちゃんとキーボードが出現。

ただぁ~し老眼にはつらい、つらい、ちいさな、ちいさな文字。

しかもカーソルを上下左右ひとつずつ動かしながらの入力。

やっとかっとで入力し終え、無事プリンタとも繋がり、試し印刷も問題なし。

色々と野暮用もあって、今日もまた休みが休みにならなかったけれど、娘からのメールは嬉しく、孫の動画(歩けるのが楽しくて嬉しくてたまらないみたい)にも癒されました。

 明日っからまた仕事頑張るぞ!(ってウソばっかり!!)

 

相変わらずの

ドジ・アホ・マヌケ

それでもなんとか

暮らしてる

たぶん明日も

 

 

 

今日の五行歌315~日常の

糸島豚のお店

長女の嫁ぎ先から、立派なのお中元が届いたので、大慌てで返礼の品を選びに出かけました。

当初佐賀牛あたりがいいかな?と唐津うまかもん市場を覗いたのですが、6~8000円の予算では400g程度しか買えず、とても足りない、とからへ変更。

ちょうど帰路に糸島豚のお店がオープンしていたことを思い出し、寄ってみることに。

(以下お店の許可取って載せてます)

f:id:asadakeiko576:20210711133146j:plain

お店の入口:左手の道路は202号線。並行してJR筑肥線が走っています
f:id:asadakeiko576:20210711133554j:plain
f:id:asadakeiko576:20210711133616j:plain
駐車スペースも広いので、ゆっくりお買い物&ランチもできます

寄って大正解。

糸島豚をしゃぶ用、豚カツ用、焼肉用など適当に見繕って貰ってクール宅急便で送ってもらうことに。

ちょうど昼時だったので、ロースかつサンドとフィッシュサンド、アイスコーヒーを注文し、店内で食べて帰りました。(カフェは7月1日オープンだったそう)

凄くボリュームがあって、その上安くて大満足。

f:id:asadakeiko576:20210711133910j:plain
f:id:asadakeiko576:20210711133928j:plain
左:夫が注文したカツサンド(税込み380円)右:プレートは豚さん♡
f:id:asadakeiko576:20210711134045j:plain
f:id:asadakeiko576:20210711134105j:plain
左:フィッシュサンド(330円) 右:豚プレートの上には魚のペーパーナプキン

セットにしなかったのがちょっと残念。

セットは+300円でドリンクとハッシュドポテトとオニオンフライが付くようです。

詳しくはいとしま豚のお店BuuBuで検索してみてくださいね。

二丈浜玉道路が無料になって以来、下道の202号線を走る車が減ったので、道沿いのお店も閉店を余儀なくされていたようですが、こうして新しいお店がオープンするのは嬉しいですね。

日常の

ほんの些細な

発見や遭遇に

ふうぅっと

和める幸せ

 

 

今日の五行歌314~健全な物欲は

雲仙山本美術館

先月25日が90歳の誕生日でしたから、3人で外食へ。

親孝行の真似事のはずが、支払いは主役の父

誕生日当日は弟の家族に祝ってもらい、その支払いはだったそうです。(我ら姉弟、ちょっと情けないかも・・・)

足はかなり弱った父ですが、食欲は旺盛で、ライスは大盛、食後のデザートは特大パフェ。

実は今回の帰省はもうひとつ目的があって・・・

それが見出しの《雲仙山本美術館》

実家を昼過ぎに出て、ナビで向かった先は、長崎カステラランドのすぐ前だったのに、一瞬気付かず通り過ぎてしまったので、そのまま直進し、島原物産館へ。

そこで偶然、以前木の葉モールで購入した有田焼のお地蔵様を発見。

数種類陳列してある中に、赤ちゃんを抱いている珍しいお地蔵様があり、欲しいなとは思ったものの、今回は買いませんでした。(エラいぞ、よくガマンした!)

Uターンしてお目当ての山本美術館へ。

f:id:asadakeiko576:20210706201752j:plain

山本氏個人のお宅に隣接するこじんまりとした美術館です。

作品の写真撮影はもちろん不可ですが、遠目に美術館内部を撮る分には構わないと言って頂けたので、展示室入り口と土産物コーナーを撮らせていただきました。

f:id:asadakeiko576:20210706201841j:plain
f:id:asadakeiko576:20210706201907j:plain
左:展示コーナー 右:お土産コーナー

館長さんに小﨑侃さんの版画を見に来たことを伝え、「先生は長崎市内にお住まいなんですよね?」と聞いてみたところ、びっくりするような返事が!

なぁんと小﨑先生は実家のすぐ近くにお住いのようなのです。

うわぁ、それ知ってたら、付近を散歩してお宅を見つけたかったなぁ。

それにしても、原爆句抄松尾あつゆきさんから繋がった版画家の小﨑侃さんと、お孫さんの平田周さんが、それぞれ父母の家と弟の家の近くにお住まいだとは。

こんな偶然ってあるのかしら?

なんだかワクワクするような展開です。

ところで職場へのお土産、パッケージが可愛いかったので、思わず並べて写真に撮っちゃいました。

f:id:asadakeiko576:20210706224108j:plain
f:id:asadakeiko576:20210706224050j:plain
f:id:asadakeiko576:20210706220804j:plain

右:期間限定クルス8枚入り 中央の5つと左は同じ大きさのパッケージ、各4枚入り

健全な物欲は

生きる為に必要

とはいえ

健全と不健全の

境が曖昧






 

今日の五行歌313~居場所って

燕の巣

我が家の軒下の燕たちの様子です。

営巣し始めて、子燕が飛び立つまでひと月ちょっとだったでしょうか?

f:id:asadakeiko576:20210704232808j:plain
f:id:asadakeiko576:20210704232652j:plain

左:巣はかけたものの、近くに人(私)がいると、電線に止まって私が去るのを待つしかない・・・

右:じーっと動きません。卵を温めているのかな?

f:id:asadakeiko576:20210704233153j:plain
f:id:asadakeiko576:20210704233224j:plain

左:つがいが仲良く電線に。やはり私がいなくなるのを待っているのでしょう。

右:ヒナの頭のようなものがチョコンと見えてるような・・・

f:id:asadakeiko576:20210704233421j:plain
f:id:asadakeiko576:20210704233502j:plain

左:ぎゅうぎゅう詰めですね~1・2・3・4・5羽、かな。

右:くるっとお尻をむけてポットン・・・

ここから先は夫が撮影したものを写メってもらいました。

f:id:asadakeiko576:20210704233937j:plain
f:id:asadakeiko576:20210704234447j:plain

左:うん、間違いなく5羽、それにしても行儀よく並んでますね~

右:みんな一斉に大きな口を開け、ピィピィピィと喧しい・・・

f:id:asadakeiko576:20210704234519j:plain
f:id:asadakeiko576:20210704234805j:plain

ブレてますが、臨場感はあるかも。

この数日後に、ひなたちは飛び立つのですが・・・

実は1羽が巣から落ちていて・・・

夫が巣に戻したものの・・・再び落下。

飛ぼうとして失敗して落ちたのか、何か他の原因があったのかは不明。

それはともかく、夫がヒナを戻す際に使った軍手に、どうやらトリサシダニが付いていたようで・・・

夫のホトケゴコロは夫と私に皮膚の痒みと腫れをもたらしたのでありました。

これを書いている今も痒くてたまりません。

薬局が開いたら、薬買わなくちゃ、ですね。

せっかくの連休が痒みとの戦いになりそう・・・((´;ω;`)

居場所って大切。

自分のことを

好きになれる場と

どんどん嫌いになる場が

明確にあるのだもの

 

今日の五行歌312~いつか どこかで

福岡よかもんひろば

梶原先生《ちいさな癒し展》を見に、福岡県庁11階・よかもんひろばに行ってきました。

福岡に住んで30数年になるというのに、県庁に行ったのは初めて。

もちろんよかもんひろばも初めて。

まずはその眺望に感激しました。なんせ11階ですものね。

f:id:asadakeiko576:20210628203337j:plain

県庁11階からの眺望。飛行機がビルの屋根のすぐ上を飛んでいました(写ってないけど)

よかもんひろばというくらいですから、福岡のよかもんが展示されているわけですが、今回は梶原先生の博多人形がメイン。

許可を頂いたので画像アップしますね。

f:id:asadakeiko576:20210628203148j:plain

癒し展の案内ハガキ(癒し展ですからお地蔵様や観音様がメイン)

とはいえ、画像は・・・今回はあまりアップできません。

というのも、背景にほかの「よかもん」が映り込んでしまったのです。

梶原先生からは許可頂いていますが、他の方の作品は勝手にはアップできませんよね。

それに先生の作品もアクリルケースに入っていたので(一部外して頂きましたが)私が映ってしまい・・・これもアップできない。

f:id:asadakeiko576:20210628204158j:plain
f:id:asadakeiko576:20210628204225j:plain

f:id:asadakeiko576:20210628204421j:plain

春夏秋冬・・・それぞれに趣があって素敵です

 

伊藤先生とは11時に待ち合わせていたのですが、私が10時半に着いた時には先生は既にお見えでした。(たぶんそうじゃないかとは思っていましたが)
ランチはアクロス福岡の地下で食べようということになり、バスで天神まで。

(福岡でバスに乗ったのも何年ぶりだろう?!)

アクロス福岡では、2階の匠ギャラリーでちょうど「博多のまちから生まれたもの~人形・織・曲物・きりえ~」の展示があっていて、梶原先生の博多人形も飾ってありました。

伊藤先生と一緒だったおかげで、与一賞(博多人形新人作家の登竜門)を受賞された緒方恵子さんを紹介していただくこともでき、とてもラッキーでした。

たまに都会に出るといろんな刺激があって、楽しい、楽しい。

月に10日も休みがあるのだから、1回位は出てもいいはずなのに、用事がない限りは出ないので、年に2,3回が精々。

先生お勧めのランチは天ぷら屋さん。何十人も椅子に腰掛けて待っている、行列のできる店だったのですが、回転がはやいため、案外すぐに席につくことができ、アツアツ揚げたてのを頂くことが出来ました。

先生が食券を買って下さったので「ごはん小盛り」を注文できず、かなりの量のご飯でしたが、残すわけにいかず、しっかり食べきりました。(あれ程の量のご飯を一度に食べたのはたぶん初めて。食べれば食べきれるものなんだなぁ)

長居できる店ではなかったので、出てすぐに「コーヒーでも飲んで帰ろう」ということになり、ここは私がもたせてもらいました。

先生とはそのままアクロスで別れ、天神地下街をすこしブラつきましたが、夕方からミーティングがあったため、あまりゆっくりもできず、早々に帰宅。

ミーティングは決定事項の通達のみで「意見があれば紙に書いて後日提出」。

続いて6月末で退職される施設長のお別れ会。

若いスタッフが制作したビデオレターをみんなで鑑賞。

涙ぐんでいるスタッフもいて、施設長、みんなに愛されていたんだなぁとあらためて思いました。(なんだか羨ましい・・・)

最後に社長から花束贈呈。添えられたメッセージは「産んでくれてありがとう」。

ここでは私も少しうるっとなりました。

施設長は社長のお母様で私と同世代、全然畑違いの世界で通算5年間もよく頑張られたと思います。

 私も2号館立ち上げからの1年間、ともに働かせていただいたわけですが、不甲斐ない部下で申し訳なかったなぁと思うばかりです。

ーとまぁ、盛り沢山な内容の一日でした。

さすがに疲れた・・・ここちよい疲労感だけれど・・・

いつか どこかで

どこかで いつか

呪文のように唱えてみる

どこかで いつか

いつか どこかで