ちのっぷすの徒然五行歌

CHNOPSの塊に過ぎない私になぜ意識が生じたのか

今日の五行歌612~遠足前夜の

Aクロスの会前日

明日のAクロスの会の準備のために取った休みでしたが、QRコード付きの名刺を刷ったくらいで、特に何もしていません。

結局新しい作品もできずじまい。

今日やったことと言えば、久し振りに《読書覚書》をアップしたことくらい。

ものすご~く長い文章になってしまって、精も根も尽き果てた感じ。

もうちょっとかいつまんで、要点だけを書けばいいのに、ほんっとに自分でも嫌になるくらい長ったらしい文章、これじゃ、読んでもらえるわけないよな~~。

でも、この本、お勧めです。

今、介護に関係している方もそうでない方も一読あれ!

よかったら、《読書覚書》の方も覗いてみてくださいね。

ちのっぷすの読書覚書 (hateblo.jp)

(途中で辟易したら遠慮なく読み止めてくださぁ~~い。<m(__)m>)

 

では、準備は何もしていないと書きましたが、明日持っていくものをビニールバッグに詰めるくらいのことはしておかなくちゃ、ですね。

明日が本当に楽しみ💖です。

ビスクドール村瀬順子先生はじめ、皆様に1年ぶりに再会できるのはもちろん、新しくメンバーになられた方やその作品に接することができるのも待ち遠しい。

新しい方々にもブロブアップOKいただけたらいいな。

10時から会場準備に入りますが、公開は午後1時から。

第19回Aクロスの会作品展

 3 月 4日(月)~  9日(土):アクロス福岡2F交流ギャラリー&メッセージホワイエ

宜しければお運びくださいね~~。

展示が早めに終わって、開場になる前に動画も撮れたらいいのですけれど・・・。

遠足前夜の

子どものように

ワクワク

早く

明日になぁれ!

今日の五行歌611~明日が終われば

二月も去って・・・

はや三月に突入しました。

昨夜、同僚から「用事がないなら(休みを)代わってほしい」とメールが来たのですが、ヤボ用があったため「ごめんなさい、〇さんにお願いしては?」と断りました。

是が非でも今日でなくとも、間に合わない用事ではなかったけれど、頭も体も完全に「休みモード」で、切り替えができそうになく、幸いほかにも2名ほど交代勤務可能そうなスタッフがいたので。

で、その用事とは

年金事務所に提出するための住民票を取りに行くこと。

昨年12月に完成した新庁舎へ初めて赴きました。

中は広々として見晴らしがよく、受付のスタッフに「住民票はどの窓口ですか?」と聞いたらすぐに番号札を発券してくれ「5番窓口前の椅子でお待ちください」

以前なら申請するための必要事項を、指定用紙に手書きで記入しなければならなかったのに、今は記帳台のようなものも見当たらず、どうするのだろう?と番号が呼ばれるまで待っていたら、ほどなく呼ばれ、パソコン越しに応対してくれた職員がテキパキと「内容はこれでよろしいですか?」と申請書をプリントアウトしてくれました。

そこに署名するだけで、「では6番窓口前でお待ちください」

ここでも殆ど待つことなく「300円頂きます」で終了。

300円というのはかなり以前から変わっていないようですね。

500円玉で支払い、お釣りの200円はすぐ近くに設置されていた義援金箱に入れました。

それにしても、自分の手で文字を書く機会がめっきり減りましたね~。

職場でもA社の記録はスマホかタブレットかパソコン、B社は今だに手書きという「貴重さ」なので、漢字のド忘れにイライラしながら、記入する日々。

小学生の時、国語の授業で「書き順、書き順」とうるさいくらいに言われたのは、体(手)で覚えたことなら忘れないからだと今ならわかるような気がします。

明日はB社出勤、明後日日曜はA社ですが、今回は「有休」を取っています。

4日から始まるAクロスの会向けての準備の為です。(準備って特にないけれど)

1年経つのが本当に早い。

毎年、「来年こそは新作を」と意気込むのですが、できたためしがありません。

今回も昔の作品でお茶を濁すつもりです。

明日が終われば

私に戻れる

では

明日の私は

何者なのだろう

今日の五行歌610~どこかに筋書があり

続誕生日

自身の誕生日のことを書いていませんでした。

まぁ、取り立てて書くほどのことはなかったのですが・・・。

A社の同僚でもある長女の元同級生からFBとLineの両方に「お誕生日おめでとうございます」と届いたのにはびっくり。

長女からは夕方、孫とのビデオ通話のサプライズがあったものの、次女からは「おめ」のひとこと、だったのに、ひと様の息子さんに丁寧にお祝いしてもらうなんて、なんだか面映ゆいです。

夫からは、とある事情(ナイショ、でも誕生日を忘れていたわけではありませんよ)により翌日の23日に、とっても可愛い♡ケーキを買ってもらいました。

食べるのが勿体ないくらい見目麗しいケーキだったのですが、もちろん、即頂きました。

もはや、芸術品!まるで宝石みたい。つむぎ洋菓子店のケーキです。

左は甘酸っぱいムースで、中にラズベリーのジャムがタップリ。右はタルトの上にあまおう、かな。

「美味しいケーキをちょっとだけ食べたい」の希望を叶えてくれた夫に感謝!

ところで、昨日は1週間ぶりにA社での仕事でした。

同僚や入居者様に会うのも、なんだか新鮮で、仕事とは思えない程楽しいばかり。

これくらいのペースだと精神衛生上も肉体疲労度的にもすこぶる良好。

ただ、私が正社員を辞め、パートになり、さらにパートの勤務日数もぐっと減らした途端、正社員の給与は約1,8万、パートの時給は200円も一気にアップすることになりました。(4月からではありますが)

オープニングメンバーがほぼいなくなったのですから、さすがに「これではマズイ。これ以上辞められたら困る」と手立てを講じたのでしょうね。

私のこの3年半は一体何だったんだろうなぁという思いがなきにしもあらず、ですが、仕事のできるパートさんにとっては、少しは労が報われるというもの。

3年半前、まだリーダーだった頃、「さばけるパートさんには最低でも時給1200円を出すべきでは」と要望書擬きを出したことがありましたが、ようやくそれ以上の時給を払ってくれることになりました。

ただ~し、「全く仕事をしない、できないパートさん」もまた同様の金額です。

査定は名ばかり、現場での働きぶりは一切考慮されませんから。

ま、ぐちゃぐちゃ言ってないで、今やれること、やるべきことに集中したいと思います。

どこかに筋書があり

誰かに

操られているだとしても

この思いの

正体はなんなのだろう?

 

 

 

今日の五行歌609~初めて

誕生日

自身の誕生日は22日でしたが、今日2月25日は故George Harrisonの誕生日。

そして・・・

今日104才になられるはずだったS様のお誕生日でもあります。

はずだった・・・過去形なのは・・・ちょうど1週間前にご逝去されたから。

3年前、100歳を過ぎてなおお元気で、軽い足取りで歩いて入居されたのに、ここ半年ほどで急速に衰えられ、看取り対応となっていました。

息を引き取られる瞬間には立ち合えませんでしたが、最後の最後にお会いすることができて、それだけでもう・・・。

奄美大島のご出身で、80歳になられるまで大島紬を織られていた方です。

昨年のお誕生日には大島紬の端切れで作ったヘアピンとアートパネルを贈りました。

一昨年のお誕生日会には、奄美大島の風景や大島紬工房の画像をバックに、S様はじめ2月生まれの方のお写真を編集したビデオを作ったのでした。

思えば、S様だけ特別扱いしていたなぁ~~。

でも、それくらい「何か心を込めたものを贈りたかった」のでしょう。

S様が大好きだったこの歌を聴きながら、S様を偲びたいと思います。


www.youtube.com

 

初めて

お会いした日のこと

最後に

お見送りした日のこと

一生忘れません

 

今日の五行歌608~道を外れて

雨の長崎

ここ3年以上、月に2回は帰省していましたが、今月はこの1回のみ。

長崎は生憎の雨でした。

「あの高台の家での老夫婦二人暮らしはもう限界だ」と何度も書いたのに、その後も、なんのかんのありながらも、二人暮らしを続けています。

3年前心配していた程の「3年後」にはなっていませんが、それでもこれからさらに「3年後」は、さすがにそういうわけにはいかないでしょう。

昨日は父をかかりつけ医のところへ連れていき、ついでに「歯がグラついている、抜いてもらわんば」と言うので、歯科受診にも付き添うことに。

母はその間、近くの市場で食材を大量に買い込んでいました。

帰りに屋根付き駐車場のあるスーパーに寄るつもりだったので「なんでこの大雨の中に大荷物!」と思わず母を詰りましたが、幸か不幸か、耳の遠い母には聞こえなかったようで・・・。

私も25年後には、あんなに耳が遠くなるのかな?

俄かには信じがたいですが、少なくとも、今の聴力よりはずっとずっと衰えていることでしょう。

ところで、せっかくランタンフェスティバル期間中に帰省できたのですから、前夜は新地界隈まで出かけました。

実は実家到着前にも一度立ち寄っていたのですが、それはランタンを見るためではなく、この期間中だけの限定品「チョコレートよりより」を購入するため。(おそらく夜には売り切れているだろうと)

平日の昼間でも店の前には行列ができており、私もその列に並んで20本購入。

1本100円ですが、10本だと950円とちょっとだけお得。

ですが、個包装ではないので、お土産として手渡す為に100均で小さい袋を買い、1本ずつ詰めました。

ちゃんとした個包装(1本120円)のは下記のように、販売「終了」していたのです。

蘇州林店舗前には張り紙が。このよりよりがこの袋に10本詰められていました

ランタンフェスティバルを見るために、再度実家を出たのは午後7時頃。

竜馬通りの坂段を下り、寺町を通って中通り観光通りを抜けて新地中華街へと歩いていきました。
その途中、普段はあまり見ることのない面白いシャッターを見かけたで、カメラに収めてみました。

お馴染み「馬場骨董店」、思えば開いているところしか見たことがありません。

岩永梅壽軒は定休日が多いので、閉まっているのを見たことはありますが、夜はまた雰囲気が違いますね。

カステラアイスで有名なニューヨーク堂。カステラアイスは自販機でも購入可。

手振れが残念(!)ですが、果物屋さんとは思えない乙なシャッター画。

観光通りに入ると・・・

くじら工芸店やくじらカツのお店のシャッターも味があります。

 

帰省の度に寄る福祉作業所のお店はあと屋と、昔よく食べに行ったカレーの夕月

長崎のケーキと言えば「梅月堂」

梅月堂のすぐ隣は西銀。こちらはより庶民的なケーキ屋で、高校時代は、しばしば友人と100円ケーキを食べて帰ったものでした。(ほんとに「ケーキだけ」100円也)

ケーキの「西銀」とその横ケンタッキー・フライド・チキンはまだ営業中

そして新地中華街では、幸瓶へ。代表的な長崎みやげビードロをはじめとするガラス細工のお店です。
店内は多くの観光客で賑わっていました。

テレビ局の取材や、有名人の訪問も多いようで、店内には写真やサイン入り色紙が壁一面に。

写真、ブログOK頂きましたので、アップしますね。

左上には巨大ビードロが

右上の緑髪の女性と(見えないけれど)赤いランタンが描かれたビードロを購入。

右端の黒髪の方は、龍踊りが描かれていて、どちらにしようか迷った挙句、緑髪を選びました。

ほかにもひょうたん型の珍しいビードロもあり、そちらも捨てがたかったのですが、黒髪緑髪は作家さんの作品で、ランタンフェスティバル期間中の限定販売だそうなので、稀少性に軍配!(その分、お値段は倍近くしましたけれど、自分への誕生日プレゼントに)

自宅へ戻る途中、午後6時からの職場のミーティングに参加。

早速「チョコレートよりより」を配ったのは言うまでもありません。

B社での仕事は、A社と比べ体力的には格段に楽ですが、関わるご利用者様が少ない分、その関わり方が濃くなります。

生半可な気持ちで働くことはできないな、と思うと少しばかり気が重い今日この頃・・・

道を外れてばかりだが

道なき道を

歩めるほどの

度胸もなければ

度量もない






今日の五行歌607~AIが

2ヶ月ぶりの糸かお当番

先月、休みの都合が合わずにパスしていた糸かお当番、本日果たすことができました。

こころもち店内の雰囲気も変わっていたように思います。

棚シャッフルも行われていて、私の棚は今回は下の方。

この画像では下段の左から2番が私の棚でした

壁面に早速Aクロスの会のチラシを貼らせてもらいました

少し早めに行ったので、缶コーヒーを買いに行くついでに商店街のウインドウショッピング。
お天気はすこぶるよかったけれど、風が意外に冷たく、相変わらず道行く人は疎らでした。

長田帽子店のウインドウに、古布製の手作り雛人形を見かけたので、表にいらしたご主人に「素敵ですね。どなたが作られたんですか?」と尋ねたところ、奥様のお姉様(妹様?)のお手製だとか。

「売り物ではないですよねぇ?」と物欲しげに重ねて尋ねてみたらば「譲ってもいいですよ。」

「!」もちろんリーズナブルなお値段で「譲って」頂いたのは言うまでもありません。

糸かおの空いている棚に飾って即写真を撮りました。右は大島紬?

ほかにも何体か飾ってありましたが、古布ではなく、わりと新しい帯地のような布で作られていて、そちらも素敵でしたが、やはり古布製の方がより一層趣がありました。

大島紬の端切れが沢山あるので、こういうお人形が作れたらなぁ。

母は定年後、せっせと手作りに励んでいたようですが、私はさっぱりですもんね~~。

似なくてよい短所はしっかり似たのに、長所は全く似なかったのが残念です。

手先が器用な人が、本当に、本当に、本当に、羨ましい!!

ところで、

店番中に読んだのが、以下。

こういう悲観的で、挑発的とも取れるタイトルは好きではありませんが、あとがきに

人間という存在の根源を見つめ直し、先端科学技術の扱い方をあらためて俯瞰的に考察するために、あえて「人類滅亡」という最悪のシナリオを提示した。

とあったので、読んでみる気になったのです。

実際、一読の価値は十分にありました。

しっかり読み込んで、嚙み砕いて《読書覚書》にアップできたらと思っています。

今日の五行歌は、以前の作ですが、この本と無関係でもないのであげておきます。

AIが

人間を滅ぼすことがあるとしたら

それは征服欲からではなく

「人間こそが害悪だ」

と判断した結果だろう

数年前、南の風誌に投稿したもので、言葉は少し違っているかもしれません。

「征服欲」ではなく「支配欲」だったか、あるいは単に「欲望」だったか、それから「判断」ではなく「計算」としていたかも。

O氏に『わたしの好きな歌』コーナーで取り上げてもらいましたが「好きな歌」というより「突っ込みを入れたい歌」だったようです。

曰く「AIが『人間こそが害悪』と判断した理由を聞いてみたいものだ」

「人間は『地球にとって』害悪でしかない」のは明白だと殆どの人が考えているとばかり思っていたのですが、甚だしい思い違いだったようです。

 

 

今日の五行歌番外編~梶原工房にて

田舎のひな祭り!

毎年この時期一番の楽しみである、博多人形・梶原工房での「田舎のひな祭り」に行ってきました。

案内葉書のお雛様があまりにも可愛らしかったので「今年はこのお雛様をお連れしたいな」と思って出かけましたが・・・実物の方が色がやや薄く(これはこれで素晴らしく可愛らしかったのですが)、葉書のイメージが払拭できずに購入には至りませんでした。

趣ある佇まいの入り口

玄関に飾られていたお雛様

午後1時頃にうかがった時には、5,60代の女性たちが5,6人いらしてて「かわいい!」「かわいい!」「これがいいかな、あれもいいよね」とにぎやかでした。

趣味のサークルか何かのお仲間でしょうか?

梶原先生の絵付け教室に参加されたこともおありのようでした。

皆さん、なにかしら購入されたようで、葉書のお雛様と同じものを買われた方もいらっしゃいました。

私が今年買ったのは、お人形ではなく、以下の二作品。

実は、右の貝には、本来小さな立ち雛がセットになっているのですが、展示してあったセットがご予約済みで、ほかのセットは貝の絵柄が違っていたため、購入をためらっていたところ、奥様(梶原先生は熊本の展示会でお留守)が、別の絵柄の貝を数枚出してきてくださったのです。

左端がハガキのお雛様。右端の貝雛が、ご予約済みだった作品

セットではなく、台座の貝だけでも売ってくださるというので、喜んでそうさせていただきました。

ミニ立ち雛は、昨年購入したものがあるので、それを乗せればピッタリです。

さて、と・・・今年も写真、ブログアップOK頂いていますので、じゃんじゃん載せますね。

まずは、今回一番欲しかったのが、以下の犬筥 雛のセットです。

ほかにもあと2体飾ってありましたが、やはりお顔が一つ一つ違っており、上記が一番好きでした。

犬筥風の羽子板バージョンもあり、これにも心動きましたが・・・

それから面白いお人形もひとつ。

殆ど彩色されていない立ち雛

あるお客様が「着物や髪の色は自分で想像したいから、彩色していない物が欲しい」と仰られ、ご希望通りのものを作って差し上げたのだそうです。

それで今回「そういうのも面白いな」と、あえて同じように彩色していない人形も展示してみられたのだとか。

「色々な発想を取り入れるのは、製作の刺激になっていい」と。

曲げわっぱに詰められたお弁当雛

昨年、「ためしに作ってみた」と仰られていた無彩色のお弁当雛が、今年は彩色済で並んでいました。

さて、数年前に初めてお見かけした時から、恋焦がれているのが、こちら。

圧倒的な存在力!世紀の逸品!

奥の立ち雛は上掲のものと似ていますが、お値段にはかなり差があり、見比べるとどうしても上の作品が欲しくなってしまいます。

手前の「のし雛」はその名の通り、熨斗の形をした立ち雛。今年の新作だそうです。

右の貝雛、台座の貝の絵柄が、購入したものと違うのがわかるでしょうか?

その手前のパール雛は数年前購入したものと同じ作品。

ここで、昨年のブログも貼り付けておきますね。

興味のあられる方は2019年、20年、21年2月の過去ブログも覗いてみてくださいね。

以下ランダムにどんどん載せていきます。

こちらも今年の新作。鈴の形をしたお雛様です。

以下は博多人形ではありませんが、「さげもん」もとても素敵でした💖

最後の一枚は、こちらも博多人形ではありませんが、毎年飾ってある由緒あるお雛様です。

あまりうまく撮れておらず、すみません<m(__)m>

実物は本当にもの凄く素晴らしいので、ぜひ見にいらしてください。

会期は2月17日までですが、今月中は飾ってあるそうなので、お電話されて出かけてみられてもよいかと。

博多人形 - 梶原博多人形工房  (hakata-kajiwara.com)

では、今日の五行歌パスして、お雛様のお顔を思い出しながら、眠りにつきたいと思います。

おやすみなさい。